意外に知られていない?家族婚の実体はどうか

家族だけで結婚式を挙げる理由

戦後の日本の結婚式を見ると、右向け右でみなが同じような結婚式を挙げていました。たとえば、結婚式専用会場の結婚式が流行っていたとすれば、多くの人は結婚式場専用の会場を借りて結婚式をするでしょう。もし、有名な芸能人がホテルで結婚式を挙げたとすれば、ホテルの結婚式場を選ぶ人も多いでしょう。とにかく皆に合わせたのが戦後の日本でした。ところが、その価値観は少しずつ変わって行きました。さまざまなスタイルの結婚式を選ぶことになったのです。

結婚式の種類について知っておきたいこと

結婚式が紋切り型のように皆が皆同じような場所で結婚式を挙げることはなくなりました。さまざまな場所で結婚式を挙げるようになったのです。例えば、ゲストハウスで挙げる人もいれば、ホテルで式を挙げる人もいます。また、昔ではあまり考えられなかったレストランで結婚式を挙げるカップルもいます。価値観がこのように多様化したのは、日本人の価値観が変わったわけではなく、情報が多様化しているからです。もはや新聞やテレビだけが情報源ではないのです。

家族婚というスタイル

家族婚が流行りだしたのもそれほど歴史が古いわけではありません。つい最近のことです。世の中が不景気の影響で会場に数百人呼んで盛大に結婚式をすることはなくなったのです。それよりも余りお金がかからないように家族婚を選ぶ人が増えています。家族婚とは、両親や兄弟、兄弟の子供がいる場合には兄弟の子供、祖父母が生きている場合には祖父母が出席する結婚式です。自分と血のつながりがある親しい人だけが参加することが出来るのです。

家族婚とは、親族や親しい友人だけを招いて行われる小規模な結婚式のことを意味します。大規模な結婚式と比較するとゲストとの距離が近かったり、低コストで行うことができるというメリットがあります。