子供の写真をたくさん撮ったけどアルバムにしまうのが大変

子供の写真はデータ保存を

子供ができると、なぜだか写真が山積みになっていくもの。アルバムを買ってから片づけようなんて思っているうちに、行き場のない写真がどんどん増えていきます。今はデジタルカメラが主流なので、ほとんどはデジタルカメラで撮影していると思います。なので、誰かに撮ってもらったり、子供の行事で購入した写真などが多いのではないでしょうか。そんな写真も含めて、すべてデータ保存をすることをおすすめします。ほんの少しの写真だけをアルバムに整理して、あとで見られる状態にしてもいいでしょう。頂いた写真はスキャナーにかけてデジタル化。あとはデータカードで保存すると場所をとりませんし、あとで整理がラクになりますのでおすすめです。

集合写真は集合写真用のアルバムを用意

サイズが大きい集合写真ですが、スキャナーでデータ保存をするのもいいですし、集合写真用のアルバムを1つ用意するのもいいでしょう。入園式・卒園式・運動会・クリスマス会・おゆうぎ会・ハロウィンパーティーなど、保育園や幼稚園だけでも集合写真はたいへんな数になります。毎年ある行事それぞれに集合写真はつきもの。ですので、いっそのこと、専用のアルバムを用意しておくのも面白いですね。集合写真だけなので、それほど場所をとることはありませんし、多くの思い出をこの1冊に詰めることができるでしょう。

写真は成長の記録大切に整理整頓

写真は思い出の一コマ一コマを記録しているもの。ご家族の素敵な笑顔をそのまま残しておけるステキなものなので、山積みにしたり段ボールに入れっぱなしにしてカビてしまうなんて事がないように、早め早めに整理整頓しておきましょう。アルバム代もバカにならないので、簡単に整理整頓できるアイテムとして、キャンパスノートを利用することができます。ちょっとカッターで切り込みを入れて写真の四隅を固定できるようにするのもいいですし、ノリやセロハンテープで固定するのもいいでしょう。特に大切な写真だけを市販のアルバムに整理して、あとは簡易アルバムで整頓すれば安く済みますね。山積みになる前に、一つ一つ片付けましょう。

遠足や修学旅行、臨海合宿などといった学校写真の撮影は地元の写真店が請け負っているケースが多いようです。