女子必見!結婚式のお呼ばれマナーの基本!

白系のドレスは避ける

結婚式にゲストとして招かれた場合、最低限のマナーというものがあります。その中の一つとして、白系のドレスは避けるというものがあります。基本中の基本なのですが、理由はと言いますと、白は新婦だけの特権カラーになりますので、ゲストは絶対に身に付けてはいけない色なのです。薄いベージュやピンクなどを着ていても、写真では白に写ってしまう場合もありますので、どのように写るかを充分に考慮しておいた方が良いでしょう。

ダウンスタイルはNG

次に、髪型のマナーについてです。このような髪型にすべきという決まりはないのですが、ダウンスタイルは避けた方が良いでしょう。出来る限り髪はアップに、そして華やかにしていくことをおすすめします。髪型をダウンスタイルにしてしまうと、相手に手抜き感を与えてしまいますし、新郎新婦を祝う気持ちをきちんと表せないことになってしまいます。上手な美容院に行けば、ダウンスタイルでも華やかにしてくれる場合もありますが、よほどのことがない限り避けましょう。

足元にもマナーがある

ゲストとして呼ばれた際、気になるのは服装や髪形だけではありません。実は足元にも、きちんとマナーが存在するのです。例えば、過度に露出した靴(ミュールやサンダルなど)やブーツというのはマナー違反になりますので、極力避けるようにして下さい。両者ともに、非常にカジュアルな印象を与えてしまいますのでNGマナーとなってしまうのです。結婚式用の靴を購入する際には、靴売り場のスタッフと相談しながらの方が良いでしょう。

福岡の結婚式場のメリットを理解したい時には、経験豊かなウェディングプランナーから助言を受けることが大事です。